クワいち

クワガタの飼育記録。主に外国産ノコギリ。他にモリアオガエル、ベルツノガエル、ビーシュリンプ等も。

Top > スポンサー広告 > 天才ひろあきくん(仮名) その他の生き物 > 天才ひろあきくん(仮名)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才ひろあきくん(仮名)

どこの学校、もといクラスにもひとりふたりズバ抜けて賢い奴っているじゃないですか。僕の小学校時代で言えば北村君でした。彼は勉強だけでなく、スポーツも出来る。しかも塾など通っていないんですよ。彼のカッコイイところは、賢いことやスポーツができることを驕ることがただの一度も無かったことです。おとなしい性格で自ら前に出てくるようなタイプではなかったですね。

2012年の11月。うちの長男(当事小学校2年生)が、小学校の課外授業で身近に秋を探しに行きましょうというような授業がありましてね、みんなで大量にどんぐりやら紅い落ち葉などを拾ってきたそうなんです。その翌日、クラスで事件が起きます。
大量に拾ったどんぐりから謎の幼虫がわんさか出てきたとのこと。担任の先生は女性ですが、「女版松岡修三」と揶揄されるほどの方で、虫くらいで騒ぎません。しかし、趣味が釣りということもあってか謎の幼虫を釣り餌のブドウムシだとみんなに言ったのだそうです。そのまま終ってくれても良いような話ではあるんですがね、何故ここまで僕が事情を知っているのかということですよ。こともあろうに、我が長男は謎の幼虫を学校から持ち帰ってきやがったwww そこで、上記の事情を知ったわけです。


持ち帰ってきた謎の幼虫がこちら。
IMGP0308.jpg
体長5mmほどでしょうか。


マクロで。
IMGP0309.jpg 

食い破られたどんぐり。
IMGP0333.jpg 

話を聞いてみて「どんぐり」「幼虫」のキーワードでおおよその見当は付きました。ただ、釣りをしない僕はブドウムシの方が謎でしたので、念のため調べて裏を取ります。うん、やっぱり予想通り。
長男には正体を伏せて、たぶんブドウムシではないよ。羽化させて正体を確認して、先生に教えてやろうか^^ そして、来年の夏休みの自由研究で発表しちゃおうぜ♪

謎の幼虫の飼育スタート(笑)

どんぐりから出てきたあとは、なにを食べるのまったく分かりませんでした。無難に無添加のクワガタマットにでも入れとけば良いかとMaxマットをチョイス。


長男自身にやらせます。マットを加水。
IMGP0329.jpg 

60ccカップにマットを詰めて幼虫を投入。
IMGP0327.jpg 

数が多いのであぶれた個体はミニケースでまとめ飼い。
IMGP0330.jpg
 

長男が用意した実験サンプル用のカップ。
IMGP0332.jpg 


我ながら、なかなか良い父親してんじゃんwww とか、考えながら作業を終えていつか先生に教えてやろうなと、その日はとても幸せな気持ちだった。だった。。だったのにぃぃぃぃぃーーーーー!!!



昨夜、あれだけ楽しく作業して翌日登校していった長男が、帰宅した僕の顔を見るなり


「あの幼虫ゾウムシやって」
「あの幼虫ゾウムシやって」
「あの幼虫ゾウムシやって」
「あの幼虫ゾウムシやって」
「あの幼虫ゾウムシやって」
「あの幼虫ゾウムシやって」
「あの幼虫ゾウムシやって」
「あの幼虫ゾウムシやって」
「あの幼虫ゾウムシやって」
「あの幼虫ゾウムシやって」
「あの幼虫ゾウムシやって」
「あの幼虫ゾウムシやって」



なぜ、知ってる!?!?!??

「ひろあき君(仮名)がお父さんにパソコンで調べてもらってんて。今日学校で発表してたわ」




いま記事を書いててもまだ当時の憤りと悔しさが蘇える。おっさん半泣きになりそう・・・

そんなこんなで「謎の幼虫」の謎は、あっさりと天才ひろあき君によって破られてしまいました。この日を境にひろあき君を目の敵としている僕の小ささも目に余りますが、こいつがもうイラつく。クラスでもトップクラスの賢い子だそうだけど、授業参観などで見てもまぁ出しゃばる出しゃばる。僕と長男がやっていた謎の幼虫計画は、僅か1日でその楽しみの半分以上をひろあきとパソコンに奪われたようなもんです。コノウラミハラサデオクベキカ・・・

そうそう、先生にはネタバレされてしまったとしても自由研究があるじゃないか!気を取り直し、飼育は継続。



したものの、マットを食べてる様子が全然見られず試しにどんぐりの中身を割り出してマットの中に埋め込んでみたんです。そしたら、どんぐりから芽が生えたwww なんの実験でしたっけ?プリンカップですか?どんぐりから出てきた根っこが張りめぐって幼虫なんてみえやしねえよ?世の中IT化じゃんよ、あほみたいな労力使ってねーで、ググれよカスwww ひろあき完全勝利www アナログ親子オワコンワロタwwwwww

そんなこんなで、自由研究の題材にもならず仕舞い。



いや、なにか忘れてやしないか?



IMGP0330.jpg
これこれ!
あぶれた幼虫のミニケース!


残念ながら、2013年の夏休み時点では投入時とまったく変化なし。マット内を掘り進んだ形跡やマット上に這い出た幼虫が確認出来るものの、特に姿かたちに変化なし。アナログ親子の夏は散りました。


だがな!夏はまた来るんだよ、息子よ!
IMGP0626.jpg
謎の幼虫もとい、ゾウムシの幼虫はまだ生きているどころか!


IMGP0625.jpg
ついに蛹化したぜ!!!


どうだいどうだい!この感動!Googleさんがこの感動を検索してくれんか!あーーん?
天才ひろあき君(仮名)、君達親子はネットで効率よく回答にたどり着いたのかも知れないけれど、それだけだ!ひょっとしたら、謎の幼虫の一件も覚えいないかも知れない。ちなみにうちの息子だって忘れてるよw クソしつこかったのは、息子の自由研究ネタを先にネットでバラしてる、ここのおっさんタダひとりだったわけだwww


どうか学校の関係者にこの記事が見つからないこと願います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

今時、ネットで調べりゃ何でも答えが解るとか、便利な反面、自然観察などの楽しみのない時代になりましたな(;^_^A
アナログの時代は泥にまみれたり、川に入って魚取りしたり、今じゃなかなか見かけない光景ですわ(^_^;
ぜひ、アウトドア派なお子様に育てて下され(´▽`)ノ

Re: タイトルなし

>>学校関係者様
いきなり見つかったwwwww
って、完全にどこかで見たことある口調と癖と顔文字(笑)
うちの周りは、田んぼや畑なんか一切なくて、子供たちの足で行ける範囲内でとなるとセミ捕りくらいのもので、少し可哀想に思います。最近は、毎週土曜日になると小学生が10人くらい3DSを片手に我が家に集まってきます。ゲームに必死のあいつらの目の前に、いきなりヘラクレスやスマトラを出して驚かせるのが楽しいですw 


> 今時、ネットで調べりゃ何でも答えが解るとか、便利な反面、自然観察などの楽しみのない時代になりましたな(;^_^A
> アナログの時代は泥にまみれたり、川に入って魚取りしたり、今じゃなかなか見かけない光景ですわ(^_^;
> ぜひ、アウトドア派なお子様に育てて下され(´▽`)ノ

No title

はじめまして。

しっかりとした文献で調べて種類まで特定なら、ネタバレされても少しはまいった!感がある気がしますが、ソースもあやしい(今回は正解だったようですが)ネットで何の苦労もせずに電源入れて机に座ってポチッ!となで調べた人にネタバレされたらくやしいですよね。
でも最終的には無事に羽化してきてよかったですね〜


マットでよく死なずに羽化しましたね、これはかなり興味深いです。
ゾウムシの幼虫ってマットは喰わないんじゃないかな〜と思いましたが
ちゃんと羽化するんですね。
無難な方法ならどんぐりミキサーにかけて型詰めするか、
材しいくならぬどんぐり飼育で虫食いのないどんぐりに埋めるかすれば
一応育てられそうですね。



ゾウムシの蛹、パワー補給にクワ♀にあげちゃえば?(ゲス顔

Re: No title

>>むいてぃーえーさん
おそらく、どんぐりは最初に食べて中から出てきてからは蛹~羽化だけだと思うんですよね。あんな格好の幼虫が二個目のどんぐりにありつくとはとても思えないのでね。ですから、どんぐりから出てきた幼虫にはクワガタマットでも良いかな~と予想しました。腐葉土にすべきかとも考えましたが、手持ちがありませんでしたので不採用。
蛹の体長も5mmほどです。パワー補給にはちょっとなりませんので、餌用にカステルナウの幼虫を送ってくれませんか?(どゲス顔


> はじめまして。
>
> しっかりとした文献で調べて種類まで特定なら、ネタバレされても少しはまいった!感がある気がしますが、ソースもあやしい(今回は正解だったようですが)ネットで何の苦労もせずに電源入れて机に座ってポチッ!となで調べた人にネタバレされたらくやしいですよね。
> でも最終的には無事に羽化してきてよかったですね〜
>
>
> マットでよく死なずに羽化しましたね、これはかなり興味深いです。
> ゾウムシの幼虫ってマットは喰わないんじゃないかな〜と思いましたが
> ちゃんと羽化するんですね。
> 無難な方法ならどんぐりミキサーにかけて型詰めするか、
> 材しいくならぬどんぐり飼育で虫食いのないどんぐりに埋めるかすれば
> 一応育てられそうですね。
>
>
>
> ゾウムシの蛹、パワー補給にクワ♀にあげちゃえば?(ゲス顔

No title

超簡単で頑丈、全然数が減らないラコダールツヤならいいですけど、
しかしsin5さんの毒ものすごいですね〜これはキツイ!
でもツヤはもったいないからミラビリスノコでも餌にしといてくださいw

ゾウムシですが、ドングリに産卵するゾウムシの幼虫は産卵されたドングリを食い尽くしたらその中で蛹→羽化するものだと思ってました。
ドングリの実と堅い外皮という二つのメリットがあるから
そこに産卵するのかな〜と思いきや、出てきて羽化するんですね。
これはおどろきです!

折り紙クワガタクオリティすごいですね〜
なにげにツイッターの内容が濃いですね〜
と持ち上げてしめます〜

Re: No title

>>むいみなこさん
ラコダール?飼育用に欲しいですよw

どんぐりから出てきてから蛹化するとGoogle先生に教わりましたよ(笑) 中で羽化したら出てこれないんじゃないかなw 気になるのは、子供たちが拾ってきてから一晩の間にいっせいに出てきたってところ。なにかスイッチがあるのでしょうかね?

ツイッターのネタがしばしばブログへ取り上げられているので、ブログのネタをツイッターに持ち込んでみましたが、なにかありましたか?w

そういや、今年はKUWATAは来られますか?

> 超簡単で頑丈、全然数が減らないラコダールツヤならいいですけど、
> しかしsin5さんの毒ものすごいですね〜これはキツイ!
> でもツヤはもったいないからミラビリスノコでも餌にしといてくださいw
>
> ゾウムシですが、ドングリに産卵するゾウムシの幼虫は産卵されたドングリを食い尽くしたらその中で蛹→羽化するものだと思ってました。
> ドングリの実と堅い外皮という二つのメリットがあるから
> そこに産卵するのかな〜と思いきや、出てきて羽化するんですね。
> これはおどろきです!
>
> 折り紙クワガタクオリティすごいですね〜
> なにげにツイッターの内容が濃いですね〜
> と持ち上げてしめます〜

No title

ラコダール、必要になったら言ってください。
あまりにもいすぎて、仮に全部飼育するためにケースを用意したら
居住空間というか部屋の中で身動きが取れなくなるためw
じゃんじゃんおしみなく餌にしています。
スチーブンスとフェモラリスもわさわさいるのでこちらも必要であれば
言ってくださいね♡

クワタはikenai、あるいみお世話になっているsin5さんに会いたいのは
やまやまですが日程的に難しいですね〜
もしいかれるのであればruiくんを復活させてくださいw
と託しておきます。

ゾウムシは鼻が強烈なので穴開けられるだろ〜と思ったけど、わざわざ出てくるなら開けられないのか、もしくは地上におとしたドングリの中は中も外も環境が不安定なので地中に潜って羽化するのか、おそらく後者でしょうか。
一度ゾウムシになって試してください。


ツイッターは戦う蟲屋さんの記事がおもしろかったです。
あとはしょうもないボヤキですね(爆)
それがクスッと面白いです←これ褒めてるんですよ!wwwwwwwww

Re: No title

>>むいみさん
ちょっとだけ返事待ってね。今月中に部屋のレイアウトをいじるから(虫家導入予定)、飼育スペースをどれだけ用意出来るか把握して連絡しまーす。

飼育下からなのか?みんなマットの上部に出てきて、蛹室とも呼べないような窪みを作っていますよ。元は潜っていた個体までです。自然会では、まんまと多種の餌となるような蛹化はありえないと思うんですがね~。
ところで、トリコに出てくるGTロボがゾウムシに見えますよねw

戦う蟲屋さん?ブラジルのやつかな?
僕もあれは一気に読んでしまいました。後日談をブログで書かれているので、少しずつ読んでっています。ブラジルって、そんなに厳しい国だったんですね。何年も前から交渉はしているのですが、実らないのはそういうことだったのか・・・と納得。僕も「キモオタ」と褒めておきました^^


> ラコダール、必要になったら言ってください。
> あまりにもいすぎて、仮に全部飼育するためにケースを用意したら
> 居住空間というか部屋の中で身動きが取れなくなるためw
> じゃんじゃんおしみなく餌にしています。
> スチーブンスとフェモラリスもわさわさいるのでこちらも必要であれば
> 言ってくださいね♡
>
> クワタはikenai、あるいみお世話になっているsin5さんに会いたいのは
> やまやまですが日程的に難しいですね〜
> もしいかれるのであればruiくんを復活させてくださいw
> と託しておきます。
>
> ゾウムシは鼻が強烈なので穴開けられるだろ〜と思ったけど、わざわざ出てくるなら開けられないのか、もしくは地上におとしたドングリの中は中も外も環境が不安定なので地中に潜って羽化するのか、おそらく後者でしょうか。
> 一度ゾウムシになって試してください。
>
>
> ツイッターは戦う蟲屋さんの記事がおもしろかったです。
> あとはしょうもないボヤキですね(爆)
> それがクスッと面白いです←これ褒めてるんですよ!wwwwwwwww
プロフィール

sin5

Author:sin5
四六時中虫の事ばかり考えています。最近はクワガタ・カブトだけでなくオサムシやカメムシなどいろんな虫にも興味があります。

メールフォーム
ブログ管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
リンク先最新記事
リンク
オークション参加中


最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。